通話可能格安スマホを初期費用1万円以下、月額1000円以内で作る!

格安スマホ、格安SIMといっても色々な業者のものがあり、プランもさまざまで選ぶのは大変です。

フィーチャーフォンとスマートフォンの二台持ちなどではなく、完全に格安スマホ一本に乗り換えたいという方は通話付きの格安SIMを購入することになると思いますが、通話付きのものは通話無しのものに比べてやや高く、どれを選べばいいかわからないということがあると思います。

それならいっそのこと、激安スマホを作ってみてはいかがでしょう。

まず、月額1000円以下の格安SIMに目星をつけましょう。どれくらいデータ通信をするのか、速度はどれくらいがいいのか、月額いくらまでなら出せるのか。ご自分の環境に合ったSIMを選択しましょう。

次に、ブックオフなどのリサイクルショップで中古のスマートフォンを購入します。通常使用なら6、7000円のもので十分です。だいたいはドコモの端末になると思います。

端末を購入したら、SIMカードを購入します。SIMカードの初期費用はだいたい3000円くらいのものが多いです。これで、端末代プラスカード代で1万円以下ですね。

SIMと端末の設定が終わったら、端末に「SMARTalk」というアプリをインストールします。これがすぐれもので、基本料金無料で050から始まる番号が持てるすばらしいアプリなのです。

受信側なら無料で通話でき、自分からかける場合でも格安料金で電話できます。
メールアドレスはGmailなどを登録しましょう。

これで、月額1000円以下で初期費用1万円以下、電話もできるスマートフォンの完成です。

はじめての格安スマホについて

私がはじめて買ったスマホは、aubyKDDIの、OSがアンドロイド2.2のIS06でした。

もともと、KDDIのガラパゴス携帯を使っていたのですが、スマホの時代が到来して、その携帯を使わなくなったので、次はスマホと思って、同じKDDIのシリウスアルファIS06を購入しました。

私はそれまで、仕事の関係上、ドコモ、au、ソフトバンク、の三種類の携帯電話を使っていたのですが、ゲームが大好きで、ほとんどのゲームをダウンロードして遊んでいました。

無料のゲームがとても多く、シンプルで操作も簡単なものも多かったので、電車の中での暇つぶしや、家に帰ってからのくつろぎタイムなどに、よくゲームをして楽しんでいました。

当時は、アプリのダウンロードサイトでは、ドコモはiアプリ、auはEZアプリ、ソフトバンクはVアプリ、といったように、それぞれのOSに対応したアプリしかダウンロードできませんでした。ドコモでは遊べるのに、auやソフトバンクでは遊べない、ということも、あたりまえでした。

開発者に、作ってください、とお願いしても、なかなかドコモ以外の携帯では開発されない、ということも多かったようです。しかし、スマホの登場により、状況は変わりました。

スマホはガラケーとは違って、OSがアンドロイドなので、スマホ1台を持っていれば、ほとんどのアプリをダウンロードできるようになったんです。そのため、私は思いきってスマホを購入することに決めたのです。

しかし、アンドロイド携帯であっても、OSのバージョンが違うと、ダウンロード出来ません。公開されているアプリのほとんどが、アンドロイドOS2.3以降に対応したものが多くなってきたので、私のもっているアンドロイド2.2スマホでもダウンロードできないアプリが増えてきました。

これも時代の流れなので、仕方がありません。

弟の勧めでYmobileにした結果、1年で5万節約出来た

私は以前までキャリアスマホを使ってたんですが、弟からよくそんなバカ高いキャリアと契約してられるなって言われたのが格安SIMのYmobileに乗り換えたキッカケです。

キャリア2年縛り契約期間中で、その時解約すると違約金1万円の支払いがありました。しかし月額料金で毎月5000円ほど差が出るんだから、2ヶ月使えばプラマイゼロ、まして2年縛りの解ける一年後まで使い続けたらそれこそ大損だとたきつけれました。

格安SIM会社はどこでも良かったんですが、加入したのはYmobileでプランMです。最近は他格安SIM会社に無料通話プランがありますが、当時はYmobileしか無料通話プランってなかったんです。

基本料金は他社よりも高めでも10分無料通話がついてるので、それなりに電話する機会のある私にはここが一番ピッタリだと勧められました。

使用感ですが、私はキャリアからの乗り換えでキャンペーン適用されていて月額通信量は3GBではなく倍の6GBになってます。このキャンペーンのおかげで高速通信量はキャリアの時より増えてるのでほんと助かってます。

通信速度に差は感じてません。たまにスピードテストアプリで計測したりするんですが、大体25m/bpsの速度は出てます。早い所だと50~60m/bpsって計測結果も出るほどです。

通話品質は普通の携帯電話での通話と変わりないです。LINEとか無料通話機能がありますが、これって声が響いたりレスポンスが悪かったりとあまり好きじゃないんです。

こういうのとは違い、普通の音声品質なのにかけ放題っていうのはほんと助かってます。
もともと長電話はあまりしないので、通話時間を気にしたことも一度もないです。

微妙にウザいのが、留守番電話サービスは有料ってことです。毎日留守番電話サービスを利用するわけではありません。しかし通常の通話料金は30秒/20円と高めなのであまり利用してないといっても一ヶ月でなら500円ほどかかってしまってるのが気にかかります。

今の所キャリアからYmobileにしてから、毎月4000円近く節約出来るので一年で5万円節約できたことになります。弟のアドバイスを聞き、2年縛りの違約金を支払って早めに乗り換えて正解でした。

b-mobileの格安simでスマホ代を節約

スマホ代はキャリアで契約すると毎月7000円くらいかかってしまうので、格安simで利用しています。

私が利用しているのは、b-mobileの通話機能付きデータ通信用simです。契約してから数年たっており、何度かシステムに変更があったようでさらに使いやすくなっています。

b-mobileを選んだ理由は通話機能が欲しかったからです。私が契約した当時は、通話機能がつけられる格安simは2社くらいしかなく、自然とb-mobileを契約するに至りました。

毎月2000円程度の支払いと、現在では最安値ではなくなったものの、特に不具合や不便もないためそのまま使い続けています。

私はスマホの通話機能は年に何回かしか使わないため、保険でつけているようなものです。ほとんど無料通信アプリでやり取りをするので必要ないのですが、やはり緊急時などはつけておいた方が便利なので、追加しています。

スマホ本体は通販で30000円程度で新品購入しました。

格安スマホをいかに安く運用するかは、本体をどのくらい安く購入するかにかかっていますので、あまり高い本体を買ったのでは意味がないと思います。

私が購入した本体は2年半ほど使用しており、十分元は取れていると思います。b-mobileの使い心地としては、通信も安定していますし、通話も通常のキャリアのスマホと遜色なくできますので、良いとこどりです。

ただ一点、キャリアメールが使用できませんので、そこだけ注意が必要ですが、フリーメールで代用できています。

ヨドバシワイヤレスゲートSIMが良い!

今年に入ってからスマホを使おうと考えた私は、ネットの評判等を調べて、ヨドバシカメラのワイヤレスゲートSIMを選びました。

ずっとガラケーを使用していたのですが、周囲のスマホ率に押され、スマホを持つことに。
基本的に私はガラケーだけで十分でした。電話やメールくらいしか使わないので……しかし、近年のウェブサイトはガラケーではうまく表示されなかったり、そもそも見ることができなかったりといったことが多く不便な点があるのも確か。

そこで候補に挙がったのは格安SIMでした。スマホで主にテキストと画像のみの軽いウェブサイトを見たり、アプリを使用するためです。つまりガラケーとスマホの二台もちです。

プランは一番安い月額480円のもので、SMS機能付きにしました。SMS機能のついていないものだと、LINEが使用できないからです。やはり最近のLINE普及の波の中で、ガラケーでLINEをするのも不便が多いので、そこは妥協しませんでした。

あまりお金を使いたくなかったので、安く上げるためにスマートホンは中古のものを購入しました。ドコモの6000円ほどのものです。そしてヨドバシカメラの店頭でSIMカードを購入し、スマホ本体にカードを挿入。

設定を済ませ、いざ使用してみると、意外や意外、なかなか快適にネットが閲覧できるではありませんか。

ワイヤレスゲート480円プランは格安SIMの中でも珍しい使い放題のプランなのですがそのぶん速度が抑えめです。それでも、通常のウェブサイトであれば普通に使用できました。若干遅いかな、という程度です。動画のストリーミング再生は長時間待機が必要ですが。
通常のウェブサイトの閲覧やLINEをするだけなら、十分すぎるくらいです。ワイヤレスゲート、おすすめです。