通話可能格安スマホを初期費用1万円以下、月額1000円以内で作る!

格安スマホ、格安SIMといっても色々な業者のものがあり、プランもさまざまで選ぶのは大変です。

フィーチャーフォンとスマートフォンの二台持ちなどではなく、完全に格安スマホ一本に乗り換えたいという方は通話付きの格安SIMを購入することになると思いますが、通話付きのものは通話無しのものに比べてやや高く、どれを選べばいいかわからないということがあると思います。

それならいっそのこと、激安スマホを作ってみてはいかがでしょう。

まず、月額1000円以下の格安SIMに目星をつけましょう。どれくらいデータ通信をするのか、速度はどれくらいがいいのか、月額いくらまでなら出せるのか。ご自分の環境に合ったSIMを選択しましょう。

次に、ブックオフなどのリサイクルショップで中古のスマートフォンを購入します。通常使用なら6、7000円のもので十分です。だいたいはドコモの端末になると思います。

端末を購入したら、SIMカードを購入します。SIMカードの初期費用はだいたい3000円くらいのものが多いです。これで、端末代プラスカード代で1万円以下ですね。

SIMと端末の設定が終わったら、端末に「SMARTalk」というアプリをインストールします。これがすぐれもので、基本料金無料で050から始まる番号が持てるすばらしいアプリなのです。

受信側なら無料で通話でき、自分からかける場合でも格安料金で電話できます。
メールアドレスはGmailなどを登録しましょう。

これで、月額1000円以下で初期費用1万円以下、電話もできるスマートフォンの完成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です